カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

梅雑学

梅雑学
梅干ごはん   梅木学問
梅の木は、成長は早いが、大木にならないことから、
にわか仕込みで不確実な学問のことを「梅木学問」と言います。
ちなみに、楠は、長い年月をかけて成長し、大木になることから、
少しずつ着実に積み重ねた学問のことを
「楠学問」(くすのきがくもん)と言うそうです。

  戦国武将も戦場へ

朝、出かける前に梅干を食べると、その日は災難をまぬがれるという説があります。
戦国時代の武将も戦場へ赴くとき、梅干を持って行ったそうです。
今でも、旅館やホテルなどの朝食で梅干が出されるのは、この説が生きているからです。


 花も実もある・・・
筋も通り、情味も備わっている手落ちのない人物を「花も実もある・・・」と
形容することがあります。外観も美しく、内容も充実している事を言うときに
よく使う表現です。春が待ち遠しいまだ寒い頃、花が咲き香り、
実は梅干をはじめ梅酒や梅ジュースなどとして愛好されていることから、
これは、「梅」を指すのではないでしょうか。


 塩梅 梅の実
酢ができるまでは梅酢が調味料として使われていました。
梅酢は、酸味と塩味のバランスがよく料理の味を引き立てます。
そのことから、「塩梅」という言葉は、調理用語として使われていました。
今では、とても具合のよいことを表現するときに「いい塩梅」というように
使われるようになりました。

申年の梅  申年の梅
「申年の梅は縁起がいい。」と言われ、
申年の梅は、昔から重宝されてきました。
また、申年は、過去の統計から見て、
梅の不作年が多く、それゆえに
貴重品扱いされるとういう説もあります。
災が「さる」の語呂あわせもあるのでしょうね。