カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

梅 保存方法

保存方法
  白干、しそ漬け梅編
★梅干の保存は、透明なガラス製の密閉ビンが最適です。
 中身が見えやすく、梅干が乾燥しないのでいつまでも
  しっとりとした状態を保つことができます。
  白干なら、何十年も保存できます。
★製造年月日を明記したシールをビンに添付する。 冷暗所に保存する
★梅干をビンから出し入れするときは、清潔を心がけること。
★梅干をビンに入れる前に、ビンの消毒は念入りにしましょう。

  大きいガラス瓶は、熱湯をかける熱湯消毒、小さいガラス瓶は、
  大き目の鍋に入れて煮沸消毒しましょう。

 減塩梅干、味梅編
 (白干、しそ漬け梅の保存方法と異なる点だけ)
★冷蔵庫で保存する。
★製造年月日を明記したシールをビンに添付し、長くても1年以内で食べきるようにする。

 減塩したり調味料を使っている分、保存性が落ちます。


ちょっとアドバイス   

 ★こんな時、どうする?

 ・皮の破れた梅は、果肉がはみだしビンの中をビチャビチャにしますので、取り出して、
  別々に保存するほうがよいでしょう。品質には全く問題は、ありません。

 ・梅干からしみでた汁が、ゼリー状になっても、全く問題ありません。梅干にしっとり感が増すだけです。
  一年度にゼリー状になる場合もあれば、何年たってもならないものもあります。

 ・かなり古い梅干になると、表面に白い塩のようなものがついてくることがあります。
  これは、「塩カビ」と言われているものですが、カビではなく、クエン酸かナトリウムの結晶だとか。
  このまま食べられますが、気になるときは、ぬるま湯で結晶を洗い流し、約1時間、干します。
  白梅酢に通し、半日ほど天日に干すと、元のきれいな梅干に戻ります。